店長ブログ 浜鮨
ご予約・お問い合わせ 052-651-7491
寿司 寿司 寿司 寿司 寿司 寿司 寿司 寿司 寿司 寿司 寿司 寿司 寿司
TOP 料理メニュー 店舗情報 メルマガ おまかせ寿司 店長ブログ 幹事の悩み 会議室 なごみの会
■プロフィール■
店長写真
   
■おすすめ■

日本酒の会開催「第3回みのはま会 ひやおろし2016」
 当店において、昨年の10月、今年の2月と、港栄町の美濃屋さんと共に日本酒の会を開催し、大変盛況のうちに終了しました。特に2月の会ではキャンセル待ちの方が多かったので、急きょ、追加開催したほどです。リピーターの方はもちろん、初めての方にも喜んでいただき、好評につき、第3回を開催します。

   今回のテーマは「ひやおろしを飲む」です。

 日本酒にとって秋というのは、「ひやおろし」が出荷される時期です。「ひやおろし」と言っても、おそらく多くの方がご存知ないでしょう。

日本酒は秋に収穫したお米を仕込み、翌年の春に新酒ができあがります。この春先に搾った新酒が原酒となって市場に出荷され始めます。

「ひやおろし」になるお酒は、あえて春先に出荷されず、暑い夏の間をひんやりとした蔵で眠って過ごし、熟成を深めます。ひと夏熟成させることで、新酒の荒々しさが消え、丸みのある酒質となるのです。

やがて秋風が吹き始めたら、いよいよ目覚めのときです。
程良く熟成したお酒は二度目の火入れをせずに「生詰」めし、出荷となります。その昔「冷や」のまま貯蔵用の大桶から木樽に「移(おろ)」して樽詰めしたことから「冷移(ひやおろし)」と呼ばれ、秋の酒として珍重されてきました。

豊穣の秋にふさわしい、旨味溢れる円熟の味わいが「ひやおろし」の魅力です。今回はその「ひやおろし」を楽しみたいと思います。

そこで、下記のとおり、「ひやおろしを飲む」会を開催します。
ご興味のある方も、初めての方も、奮ってご参加ください。
普段飲んでいる定番酒との違いを感じて頂きたいと思います。

・会場   浜鮨(入船1丁目7-30)
・開催日 11月 19日 土曜日  受付 6:15~
     (11/12は満席となり、追加開催です)
       開宴 午後6:30から9:00(終了)
・定員   24名  
・参加費  6000円 (前売り券 5500円)

◎なお、この「みのはま会」は完全予約制ですので、事前に浜鮨、または美濃屋にてお申し込みください。当日はご予約の方のみの受付となります。
 ◆お値打ちな前売り券をお勧めします。

申し込み、お問い合わせは
 浜鮨  店長 竹川 TEL 651-7491
 美濃屋 店長 三輪 TEL 654-2315


| http://www.hama-sushi.jp/blog/index.php?e=395 |
| 店長の独り言 | 09:49 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑
■最近の記事■
■カテゴリ■
■アーカイブ■
 
 
ADMIN ID:
ADMIN PW:
Copyright © 2004-2016 HAMASUSHI All Rights Reserved