店長ブログ 浜鮨
ご予約・お問い合わせ 052-651-7491
寿司 寿司 寿司 寿司 寿司 寿司 寿司 寿司 寿司 寿司 寿司 寿司 寿司
TOP 料理メニュー 店舗情報 メルマガ おまかせ寿司 店長ブログ 幹事の悩み 会議室 なごみの会
■プロフィール■
店長写真
   
■おすすめ■

【 料理は家庭科ではない。理科と美術だ 】
料理を作っていてつくづく思うことは、

【調理は理科だ】

と。



たとえば、魚をさばくのは、

【解剖】だ。


要は観察用にするか、食材用にするかである。

両方とも、骨の位置や内臓の位置を知っていないと上手にできない。



また、味付けは決まった割合で、調味料を加える。

人間の舌だけに頼らず、

レシピ(つまりデータ)も重視する。


これは、

【化学の実験】

だ。


さらに、

【化学反応】

を利用した調理法もたくさんある。

また、

【物理的な変化】

を利用することもある。

衣のとぎ汁の沈み具合で油の温度を確認するのはその一例である。


結局のところ、

【調理は理科なのだ】




ただ、

あまりにも科学的に作った見栄えを気にしていない

「調理」は「料理」とは言えない。



そもそも

【美味しそうではない】



いくら決まった割合で作っても、

人間の味覚は

【 曖昧 】

である。



だから、


【見た目がとても大切】

である。



芸術的に盛り付けることで、色や形で表現すること、

体感、食感などわかりやすい要素を増やすことで、

料理は美味しくなるのである。



実際、味の8割が

視覚情報

とも言われる。


そのように考えると、料理というのは、

【理科と美術】

なのだ。

皆さんはどう思いますか?



| http://www.hama-sushi.jp/blog/index.php?e=408 |
| 店長の独り言 | 11:50 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑
■最近の記事■
■カテゴリ■
■アーカイブ■
 
 
ADMIN ID:
ADMIN PW:
Copyright © 2004-2016 HAMASUSHI All Rights Reserved