第4回 なごみの会
題目    「 地酒  − 黒龍を味わう
   第四回のなごみの会は福井の名醸 黒龍酒造でした。

   今回飲んだお酒は下記の通りです。
           
連休中にもかかわらず、参加頂ありがとうございます。
黒龍酒造の薮下さんにも、おいでいただき、蔵の生の声も聞けました。
今回の目玉は、この冬に発売予定のお燗用の大吟醸「九頭龍」を先行試飲できたことです。
黒いベルベットのラベルに赤字で「九頭龍」と書かれたそのお酒を酒燗器「燗たのし」に入れ、待つこと3分少々。 人肌程度に温まった「九頭龍」は、香りはそれ程無く、口にふくむと、ふくらみを感じるけれど、舌にからまず、さらっとした上品な味、と私は感じました。 御燗した日本酒は、その香りが苦手という方も、これなら大丈夫です。 きっと、いままでの「燗酒」のイメージはがらっと変わることでしょう。

そして、その他の黒龍を代表するお酒も、負けてはいません。
非常に贅沢で、透き通るように綺麗な飲み心地の「しずく」
大吟醸の走りとなった「龍」
黒龍の定番「いっちょらい」
黒龍の異端児的な存在「純米吟醸」
などなどそれぞれが個性のあるお酒を楽しめました。
個人的には「特選吟醸」が一番気に入っています。

ただ、今回は、飲みすぎが故のトラブルもあり、企画者として、その点は反省しています。 酒は飲んでも飲まれるな、あくまでも、「お酒を楽しむ会」にしていきたいと思いますので、皆様のご協力をお願いします。
店長
   
   
2005年9月24日(土)開催
トップページへ戻る    なごみの会へ戻る    一つ戻る    次を読む
Copyright © 2005 HAMASUSHI All Rights Reserved