第 10 回なごみの会
題目「 春のしぼりたて 生原酒で酔う 」
3 ⁄ 15になごみの会を開催しまいた。
テーマは「生原酒で酔う」
以下のお酒を飲みました。

                   
一番人気は 義侠でした。それから、醴泉、夜明け前も空になりました。 生原酒が5升と越州の「桜日和」を8合用意しましたが、生原酒がほとんどなくなったのは、驚きです。 ごっこ(布袋魚)の鍋、土筆の卵とじなども好評でした。

ただ、桜日和は、一緒に飲んだ相手が悪かったというか、濃い味のお酒の中で、唯一違うタイプの「軽いお酒」になってしまったので、 いまひとつ人気がありませんでした。 本来、これからの時期、花見や春の行事には最適なお酒だと思います。 限定酒なので、もう売り切れになっているかもしれませんが、見つけたら、是非お試しください。
店長
   
   
2008年3月15日(土)開催
トップページへ戻る    なごみの会へ戻る    一つ戻る    次を読む
Copyright © 2004-2008 HAMASUSHI All Rights Reserved