第 23 回なごみの会
題目忘年会 2011
今回飲んだお酒は、
九頭竜 純米吟醸(燗酒)
夜明け前 純米しぼりたて
醴泉 酒無垢
開運 特別本醸造 しぼりたて
越州 雪げしき
朝日酒造 ゆく年くる年
モスカート ドルチェ
ザルデッド プロセッコ
   
昨年、初めて開催したなごみの会「忘年会」は、非常に好評でその会が終了した時点で、来年もやろうということになりました。
そういった経緯もあり、今回の「忘年会 2011」は早い時点から、ご予約があり満席となりました。
忘年会は通常のなごみの会と異なり、日本酒以外にスパークリングワイン、ビール、焼酎なども用意しますが、やはり、日本酒を飲まれる方が多かったです。
6時30分から会は開始し、クリスマスということもあり、最初の30分はスパークリング等を軽く流します。
というのも7時から名古屋港恒例の冬の花火が上がるからです。
花火が上がる30分間は、しばし飲み会は中断です。
冬の花火は、透き通った空気と北からの風で本当にくっきりと見えます。
夏のみなと祭りの花火とは、全く違った光景です。
でも、冬の30分、外でじっと立っているのはやっぱり寒いです。
花火を見終わったら、大急ぎで皆さん戻ってきました。

冷えた体を熱燗で温め、なごみの会の再スタートです。
第2部が始り、まずは陶芸体験で作った作品の発表会をしました。
この陶芸体験は、なごみの会の常連さんの中に陶芸をする設備を持っていらっしゃる方がいて、マイ猪口を作る目的で参加者を募ったものでした。

陶芸に参加された方には、ご自分で作ったお猪口と陶芸の感想を発表してもらいました。
最初の作品だったので、思った通りの作品ではなかったかもしれませんが、自分で作った酒器でお酒を飲むことができ、他の方から羨望のまなざしを受けていました。
今後もこの陶芸体験はおこなっていきたいと思います。
また、作品発表の場も大切なので、こういった飲み会やお店に展示していきます。

そして、マルタカさんが提供してくれた色々な黒龍グッズで抽選会では、大吟醸のミニボトル、冷酒グラス、お猪口などがあたりました。
会は非常に盛り上がり、あっという間に時間が過ぎ、中締めの時間も忘れてしまうほどでした。
私も少々飲みすぎました。翌日は頭が痛かったです。

次回の開催は、2/18(土)です。
店長
   
   
2011年12月24日(土)開催
トップページへ戻る    なごみの会へ戻る    一つ戻る    次を読む
Copyright © 2004-2012 HAMASUSHI All Rights Reserved