ホーム » 2010 » 5月

月別アーカイブ: 5月 2010

最近のコメント

    久々の琵琶湖

    酒蔵見学のレポートはいかがだったでしょうか?
    まだ見ていない?
    そんな方は今すぐレポートを見てください!!
    さて、蔵見学よりもちょっと前に、琵琶湖に行きました。
    15年くらい前までは、ブラックバスを釣りに毎週のように行っていましたが、海釣りに転向してからは、さっぱりご無沙汰でした。
    でも、久々の琵琶湖はいいですね。湖が近くなると、だんだんウキウキして来て、向こう岸が見えない大きな湖を見ると、なんとも言えない解放感というか爽快感があります。上手く表現できませんが、海の動的な躍動感に対して、湖は静的な安心感というような感じでしょうか。
     また、顔に当たる風も、サラッとしてさわやかです。
     今回の目的は、小鮎釣りです。
    結果はいかに?続きをみてね。

    (さらに…)

    なごみの会「酒蔵見学」速報 NO.2

    いよいよ、利き酒です。
    醴泉の全種類のお酒を、今年の新酒と去年のものが並べて置いてあります。

    純米大吟醸正宗から、特別本醸造まで、すべてのラインナップです。感動です。
    一般向けの利き酒会では、これほど並ぶことはありません。販売酒店向けと同じレベルでご用意いただけました。
    利き酒は本来、味見をしたらお酒を捨てるのですが、もったいないので、すべて飲んでしまいました。
    山田社長さんのご好意に甘え、途中から、つまみも持ち込んで酒宴です。
    この後、酒蔵を後にして、養老の滝に行く予定でしたが、蔵に長居をしてしまったのと、足元が悪いので、養老の滝はパス。
    南宮大社チームと温泉チームに分かれました。

    これは、南宮大社です。
    すみません。私は、温泉チームでしたが、写真を撮り忘れました。
    そして、焼き肉タイムです。

    最初の乾杯こそビールでしたが、その後は、蔵でもらった日本酒です。おいしいお肉と醴泉のマッチングの妙。いいですねぇー。
    牛肉の写真ですか?ごめんなさい。飲むことと食べることに集中してしまい、撮り忘れました。本当に良い肉でした。
    次回ですか?
    わかりません。マルタカさんも言っている通り、2年後かな?
    マルタカさんブログもどうぞ。

    なごみの会「酒蔵見学」速報 NO.1

    5/23(日)に、醴泉(れいせん)の蔵元、養老町の玉泉堂酒造さんへ酒蔵見学に行きました。
    予定よりも参加される方が少なかったのですが、逆に、密度の濃い見学ができました。
    浜鮨を出発し、名駅経由、酒屋のマルタカさん経由、蔵元到着。小雨の中、蔵に向かって走ります。
    酒蔵に向かって走る
    ↓杜氏さんから直々に説明をうけ、皆さん、真剣なまなざしです。

    ↓これは精米機です。この機械で、米の外側を削っていきます。ラベルに○○%精米と書いてありますよね。それをこの機械でやっています。
    自家精米にこだわります
    ↓お酒のタンクは750k、1500k、3000kがあります。プレミアムなお酒ほど、小さいタンクで作っています。醴泉は1500k以下のタンクです。

    ↓普通は、一般人には入ることができない、麹室や酒母室も見せていただきました。

    ↓これは、巨大な冷蔵倉庫です。ケースの外側にビニールのフィルムが張ってあるのがわかりますか?これは、お酒に冷気が直接当たらないようにするための気配りです。

    つづく

    シュークリーム食べたいなぁと思っていたら、、、、、、、、

    今日、何となく「シュークリームが食べたい気分だなぁ」と女将さんに言ったら、
    「ドラえもんじゃないんだから思っても、出てこないわねぇ。買ってこないと、ないわねぇ」と言われましたが、
    その1時間後、
    知人がお土産を持ってきてくれました。

    なんと、シュークリームです。
    女将いわく、
    「棚からぼた餅というか、願いがかなったわね」
    偶然のことですが、願ってみるものです。

    BIGなカンパチ

    釣り好きのお客さんが、奄美大島で釣ったカンパチです。

    (魚にチューしているわけでは、ないです(笑))
    10kg以上あります。
    板長が、まな板にあげていますが、重くて苦笑いです。

    まな板の上で、横たわる巨体はゆうに1m以上あります。

    魚に掛かっていた釣針は、こんなに大きいものです。