ホーム » 2010 » 10月

月別アーカイブ: 10月 2010

なごみの会 速報

昨日は、なごみの会でした。ご参加された皆さん、ありがとうございました。久々の店内開催で、満席でした。


 ちゃんと、家に帰れましたか?
今日のお酒は、いつもの1.2倍くらいは濃いですから、酔いも1.2倍ですよ。(特に、久保田の限定酒は、強烈でしたね)
 お値打ちで、濃厚
これが「ひやおろし」の良いところだと思います。秋の豊穣を祝い、一年で一番、食べ物が豊かな季節に楽しむお酒としてピッタリです。
 なごみの会に参加された方は、十分に堪能されたと思いますが、もう一度飲みたい方、そして、まだ「ひやおろし」を飲まれていない方は、ぜひ、浜鮨へ。
今なら、まだ間に合います。

続 良いエギをエギ使わないと釣れませんよ。

ちょっと前に、「良いエギをエギ使わないと釣れませんよ。」というタイトルのブログを書きました。
 あの後、同じ釣り場に行った仲間は、別の日に40匹釣ったとか、80匹釣ったとか言っていました。非常に悔しいので、交換した4本の良いエギに加え、もう2本追加しました。エギ用の釣り竿も入手しました。もちろん、糸も細くして、誘い方も友人からもらったDVDで、勉強し、イメージトレーニングもしました。
「こうやって、3回しゃくって、エギを浮かせて、糸を張ってイカを誘う、イカがエギを抱いたら、アタリがでる、そこで即あわせる、ほら釣れたでしょ」と
DVDの中で解説をしている。
DVDを見ながら、「何だ、こういう理屈だったわけね。簡単につれそうじゃん」「次回はいけるかも」とニヤニヤしながら、次の釣行に備えました。
そして、勝負の日、結果は如何に?

(さらに…)

たった数秒でも

 先日、中京テレビが取材に来ました。といっても、浜鮨に来たわけではありません。
 当店が仕入れている「米屋さん」の取材の一部でした。
 このお米屋の鈴木さんは「5つ星お米マイスター」で、お米の超プロフェッショナル。当店も15年以上のお付き合いになります。
 スーパーや普通のお米屋さんと比べると少々高いですが、こだわりを持ってお米を売っていらっしゃいます。
さすがに、米のプロ。米の話をし始めるとずっとしています。(笑)
まぁ、それくらいまじめに、というか一直線です。
よかったら、皆さん買ってください。
コシヒカリ、秋田小町など、それぞれの米が持つ特徴を活かしたブレンド米が得意です。
アサヒ米穀
さて、取材ですが、15分くらいインタビューがあって、朝日板長が寿司を握っているシーンも撮って、合計20分くらいかかりました。

でも放映されたのは、私が「鈴木さんはお米を愛していらっしゃいます」と言った数秒間でした。テレビのお仕事って大変だと痛感しました。
放映された瞬間、友人から「今、テレビでたよね」と電話があり、翌日、市場でも「昨日、テレビでたよね?」と。
たった数秒でも、テレビの力はすごいですね。

時々、入荷します。

 やっぱり、おいしいですね。人気があるのも、わかります。
佐藤 芋
麦も美味しいです。
佐藤 麦

良いエギ使わないと釣れませんよ。

初めて、アオリイカを釣りに行きました。
イカ釣りはエギングと言って、エビを真似たルアー「エギ」を使います。
最近は、老若男女に流行しているのか、釣り具屋でも多くの売り場面積をとっています。
さて、釣果は?
坊主(0匹)でした。他の仲間は、何匹も釣っていましたが。
違いは、何だったのか?
私は、初めてだったので、エギが海底に引っかかっても良いように、安いバーゲン品を使っていたわけですが、釣り仲間に言わせると、「バーゲン品はきちんと泳がないからダメ」、「これじゃ、釣れない」だそうです。
他にも、「糸が太すぎる」「誘い方が悪い」など、釣れない要素ばかりでした。
バーゲン品
先に聞いておけばよかった。(まぁ、こんな悔しさを経験して上達するのですが)
早速、使っていない「バーゲンエギ」を「普通のエギ」に交換してきました。
悔しいので、最新式の「光で暖かくなるエギ」も追加しておきました。
一流品
釣友が、「これをみて勉強してください」とエギングのDVDもくれましたので、次回は爆釣です。また報告します。

日本酒 入荷情報

ひやおろし他を入荷しました。

夜明け前 生一本 ひやおろし
諏訪泉 満天星 純米 ひやおろし
出羽桜 桜花吟醸 秋あがり
一本義 純米生詰 ひやおろし

黒龍 本醸造 ひやおろし
醴泉 純米山田 ひやおろし
開運 純米 ひやおろし

生酛のどぶ
久保田 吟醸原酒 限定酒

オレンジの船体

ちょっと前ですが、仕入れからの帰り道、海の方を見るとオレンジ色の船体が見えました。
ひょっとして、「しらせ」?
だんだん近づくと、やっぱり「しらせ」でした。
ご存じない方のために、少々説明すると、日本の南極観測船(砕氷船)は
初代は「宗谷」、2隻目は「ふじ」(名古屋港に展示してありますね)、3隻目は「初代しらせ」(これは現在ウェザーニューズ社所有)、そして4隻目が「2代目しらせ」です。
全体が写りません
「すげぇー、でけぇー」
年甲斐もなく、思わず、つぶやいてしまいました。
建造したばかりのピカピカの最新砕氷船は違いますね。
休憩時間に見に行きましたが、正直、その大きさにはびっくりしました。
データで調べると、「ふじ」5250t、「しらせ」12500tですが、4倍くらいありそうです。船体の形や、装備など、特殊用途の船は面白いです。

名古屋港には、しらせの他にイージス艦など、3隻の海自の艦船が来ていました。また、四日市港には、空母のような艦船が来たり、伊勢湾沖では、潜水艦もデモンストレーションをしていたようです。
このイベントは、海自の広報活動の一環だそうですが、軍艦が何隻もあるのは、物々しくて複雑な気分でした。